医療現場と働き方改革

看護師の人手不足が深刻化する現代の医療の現場では、看護師の求人情報の掲載に終止符を打たれる事はありません。医療の現場においては、まず、医師が多忙である事があります。

医師の業務を看護師が補助しているのですから、その補助も多忙をきたしている事が、医療の現場で働き方改革がなかなか進行しない理由でもあります。医師も業務に負担を抱え、看護師も医師の補助に負担を抱えています。

そのような中で、働き方改革の中にある、「高度プロフェッショナル製度」から、医師は外されました。実際に、このような改革を、医師にあてはめて考えてみると、サービス残業の嵐になってしまうかもしれません。そのような職場には、医師おろか、看護師も寄りつかなくなってしまう可能性もあります。人不足から看護師の求人募集が蔓延する状態では、人手不足から運営が難しくなる医療機関が出てもおかしくありません。

そうならないよう、看護師の働き方を改革すると言う試みの前に、まず、医師の働き方を改革しなくてはならないような気がしています。今後も医療現場の要である、医師の働き方を最大限サポートできるような、看護師の活躍が期待されますが、働き方改革は何を医療現場に投じてくれるでしょうか?