人材定着への努力

医療の現場で、働き方改革の進行が低迷している原因は、今までの医療現場の経営方法や、運営方法が、長時間労働を見過ごしていた問題があると指摘する人もいます。そのような運営を行う医療現場には、いくら看護師の求人を出しても、人手不足が続いているのは、医療現場を離れていく医療従事者が後を絶たないからであろうと説明をする人もいます。

求人を行って、採用された人材が、離れていってしまっては、人手不足解消とはなりません。医療従事者が、医療の現場を離れる理由として、その長時間労働があると言われています。以前から存在する医療法人などの組織体制として、医師や看護師の労働時間を把握していない体制をとる経営者は、少なくないようです。

医師や看護師が、キャリアアップやスキルアップのもと意志をもって長時間労働を行っていたケースも少なくなかったからです。医師や看護師は、日常の業務の他に、自身の資格取得の為の学習や研究、論文などの課題を自ら課す事もあり、そのような場合、長時間労働は、ある程度、組織体制の中で目を瞑らなくてはならないような、暗黙の了解といった風習もあったようなのです。こういった事情が幾えにも重なり、働き方改革が医療現場に、なかなかメスを入れる事ができない理由とされています。

まずは、医療の現場の組織体制の意識への改革が必要なのかもしれません。医師や看護師の正確な勤務時間の把握は、今後の働き方改革に一隻の光を投じるでしょうか。看護師の勤務体制が明確になれば、医療の現場を離れた潜在看護師たちが戻ってくる可能性も考えられます。