看護師と夜勤

医療の現場では、夜間に緊急な呼び出しがある事も視野入れて、当たり前のように深夜に働く姿があります。「働き方改革」を導入したからといって、当直やオンコールを控える為に、救急患者の受け入れを病院側が拒み始めてしまったら、医療の現場はパニックを起こし兼ねません。看護師の求人サイトにも、夜勤の有無が明確に記載されている求人が多い事からも、求職者側にとってもも、夜勤の有無が応募を「する」「しない」に深く関連している事が垣間見られます。

24時間稼働している病院の運営は、「夜勤」を排除する事は不可能です。では、どのような運営が望ましいと言うのでしょうか?

実際に、看護師の求人サイトをのぞいてみると、病院の夜勤特集などが組まれていたりします。夜勤専属の看護師さんがいるという事なのです。夜勤の専門の看護師さんを夜勤専従看護師などと呼ぶそうです。夜勤専従看護師の存在は、24時間稼働する病院の運営において貴重な存在なのだそうです。夜勤専従看護師さんについて、もう少し詳しくみていきましょう。

●夜勤専従看護師
病院勤務において、夜勤のみのシフトで勤務する看護師さんを言います。雇用形態は、個人によって様々です。常勤、非常勤、パート、アルバイトなどがあります。今のところ、労働基準法の勤務時間、日数制限はありませんが、どのような勤務体制であっても、夜勤は身体に負担がかかるものであると認識がされている事から、健康管理は重要なポイントです。効率よく働けるという給与面から、夜勤専従看護師としての働き方を選択する看護師さんもいますが、勤務人数の少ない夜間の看護における、その責任と対応には、一定以上の看護スキルが求められると言われています。